勉強方法

勉強方法

私のノート〈育児・介護休業法〉~ 2歳まで育休を延長したい際に気を付けることや育休後の退職についても掲載! ~

上記はいずれも「労働者からの申し出による」や「労働者が請求した場合は」となっており、申し出や請求があった場合は当該措置を取ることが原則として義務とされています。ちなみに育児休業給付金については会社等の健康保険からではなく、雇用保険より支払われます。
勉強方法

社会福祉 制定年の覚え方

法律等の制定年を暗記する際に大切だと思ったことですが、やはり社会の歴史と保育の歴史を照らし合わせ、流れを掴むことかなと感じます。例えば、1945(昭和20)年に終戦したと言う歴史を知っていれば、終戦と同時に「戦争孤児保護対策要領」が決定され、
勉強方法

【必見】一発合格までの勉強スケジュール ~ 令和3年保育士試験一発合格者が掲載! ~

令和3年前期 保育士試験試験を一発合格した際の筆記試験までのスケジュールを公開します。最初の3ヶ月は1日2~3時間程しか勉強時間を確保しなかったため、ここまでで、合計で2ヶ月強、時間にして130~200時間の勉強期間を要しました。
保育原理

私の勉強方法〈保育原理〉

すると、過去問題を5年分も解いていると、ほとんどの箇所にチェックが付き、3回程度過去問題を解き直すと、保育所保育指針のほとんどの内容が記憶に残ります。そう言った意味では、なるべく沢山の過去問題を解くことをお勧めします。
勉強方法

私の勉強方法〈子ども家庭福祉編〉

問題の内容自体は単純ではないはずなのですが、社会福祉や社会的養護との関連も見られ、これら2科目をしっかりと学習していると、消去法で正答を導くことができる科目だと感じました。それでは、私が参考にした外部資料です。
勉強方法

私の勉強方法〈子どもの保健〉

その程度の勉強量で合格できたのですが、テキストと付随する問題集のみで合格できたかと言うと過去問題を解いた結果を見ていただいて分かるように合格する受験年度もあれば不合格になる受験年度もありました。繰り返しお伝えするように、過去問題を
勉強方法

私の勉強方法〈子どもの食と栄養〉

これだけ見てもらっても分かるように、令和3年だけで上記の私が集めた外部資料以外でこれだけの外部資料が出題されています。完全に記憶してなくても正解になる問題はあるとは言え、知らない資料から出題されるとそれだけ時間もロスになってしまいます。
勉強方法

過去問を解いた際、最初に取った点数を纏めてみた!(科目ごと)

過去問題を解いた際、私が最初に解いた際に取った点数について、科目毎に纏めます。赤字が合格点に達しなかった科目です。 社会福祉、教育原理、社会的養護で不合格が多く、その他の科目も受験年度によっては1~2問程度、合格点に達しない年があります。
勉強方法

私の勉強方法〈社会的養護〉

ここより先、社会的養護については基本的には過去問題と外部資料で学習しました。社会的養護ですが、下記掲載の外部資料等より驚くほど細かい数値が問われているので端から端までほぼ全てと言って良いくらい暗記しました。ただ、ここでも暗記の時間はほとんど
勉強方法

私の勉強方法〈教育原理〉

その中で、私は一人一人の人物がどのようなことを行った人物なのか詳しく調べました。遠回りのように感じるかもしれないですが、頻出の人物については、え、この人こんなことも広めた人物なの?と言う問題が実際に出題されたりしています。
勉強方法

私の勉強方法〈社会福祉〉-3 ~ 令和3年一発合格者が集めた外部資料とその活用の仕方を掲載! ~

上記リンクを一つ一つクリックして見て見ると、とても暗記できないように感じるかもしれませんが、過去問を解いていると、何度か同じ資料の別の場所から出題されたりするので、解いている内に資料の内容も自然と頭に残ります。
勉強方法

私の勉強方法〈社会福祉〉-2 ~ 予想模試と地域限定保育士試験の過去問にもチャレンジ!~

社会福祉については8年分の過去問を解き、ある程度の知識を頭に叩き込んだ上で、筆記試験1ヶ月半前に予想模試に挑戦した訳ですが、上記の通り成美堂出版が出す予想模試において正答率がたったの4割でした。もしかすると、本試験で不合格になるかもしれないし
勉強方法

私の勉強方法〈社会福祉〉-1 ~ 保育士試験最難易度課目である社会福祉を突破の秘策とは!? ~

まずは、社会福祉をどのように纏めたのかお伝えします。どの科目についても言えることなのかもしれないですが、保育士試験で根拠法が多数出題されています。そこで私は、各法律等ごとに知らない知識を箇条書きにして纏めました。
勉強方法

【保育士試験】私の勉強方法3 ~各科目の難易度を5段階にランキング!~

ここまでで、最新年~2016年(平成28年)までの5年分の過去問題を全科目3回解きました。そこで、ここまで解いた身として、勝手に各科目の難易度をグループ分けしました。※星の数が多いほど難です。このグループ分けを基に今後の勉強の比重を決めました。
勉強方法

【保育士試験】私の勉強方法2

特に社会福祉については知らない知識を箇条書きにすることで、やっと全体が見えてきて意外と同じ設問が少し違った言い回しで繰り返し出題されている問題もあることも分かってきました。また、教育原理については、過去問を遡ると非常に沢山の人物が出題されているので
タイトルとURLをコピーしました