筆記試験前の悲劇

筆記試験前の悲劇

舟で海を渡る女性

筆記試験1ヶ月前に悲劇が起こりました。

以前、転勤族だとお伝えしましたが、なんと、育休中にコロナ渦で2度目の転勤が決定しました。

私の場合、2021年(令和3年)前期試験を受験したので、試験日は4月17、18日だったのですが、試験1カ月前の3月上旬に夫の会社の都合で5月1日からの転勤が決まりました。

なんと、試験の2週間後に引越しをすることが決まったのです。

子連れでの引越しがどれだけ大変か、経験したことのある方はお分かりになるかと思います。

家事・育児をしながら荷物を纏め、不動産屋と連絡を取りながら引越し先を探し、子どもの小学校入学までを見据えて治安を調査し、引越し業者を見つけ、引越し先のカーテン等の購入、各種住所変更等を試験勉強をしながら行わなければならないのです。

もう、一言で言うと絶望です。

自分たちの親は遠方に住んでおり、コロナの影響により一時保育についてもいつ再開するのか分からない状況だったため、勉強時間も引っ越し準備の時間も確保できない状態だったのです。

引越し後についても、やることが盛沢山で実技試験の勉強などしている暇などないだろうと思った私は受験を諦めようかと悩みました。

しかし、ここまで必死に勉強しました。

ご存知のように合格教科は3年は持ち越せます。

一発合格でなくても何科目かだけでも合格できたら秋の勉強は楽になると思い、一先ずは筆記試験だけでも頑張って受験しようと思いました。

助けられた一時保育

保育士の預けられた子どもが、母親との別れ際に泣く姿

このコロナ渦で子供を保育園に預けるのもどうかと迷ったのですが、結局は公園行くのも保育園にいくのも感染するリスクは変わらないだろうと思い一時保育を利用することに決めました。

ただ、私の住んでいた地域では3月の中旬まで新型コロナの影響により一時保育が閉まってしまっていました。

預けることができたのは3月下旬から4月の試験までの3週間で、週に2~3回程度午前(9~12時)のみ預け、無事に勉強時間を確保することができました。

育児経験者なら分かると思いますが、子どものご飯のメニューを1食分考えなくて良いだけで凄く楽で、たったの3時間預かってもらうだけで精神的にリフレッシュできます。

例えその時間を必死に勉強していたとしてもです。

私の場合は、育児をしているより勉強している方がずっと楽でした(笑)。

ちなみにですが、この一時保育という制度、保育園にもよりますが、私が住んでいた地域では、パート等の理由、保護者の傷病や育児不安、資格試験の勉強、リフレッシュ等の理由で預かってもらうことができました。

一時保育と言う制度、本当にありがたかったです。

受験申請書提出後の住所変更について

家の模型と家の模型の間に矢印があり、家から家へ引越しする様子が表されている。

さて、無事に勉強時間を確保することができ、筆記試験が終了しました。

翌日の各社通信教育の解答速報で筆記試験は全科目合格していることが分かりました。

私は試験終了後、引越しをした後に速やかに事務センターへ住所の変更届を提出しました。

ここで、「令和3年保育士試験 受験申請の手引き(前期用)」 の「9.令和3年受験申請書〔前期用〕提出後の氏名・住所変更手続きについて」にて、下記のような記載がありました(一部抜粋)。

(1)令和3年受験申請書〔前期用〕提出後、氏名・住所に変更があった場合は、同封の「氏名・住所変更届」を保育士試験事務センター宛に速やかに送付して下さい。

▷住所が変更となる場合は、郵便局に転居届を提出して下さい。

(2)提出した変更届の内容が各通知に反映されるのは、下記の到着日までとなります。

①筆記試験受験票に反映させる場合・・・3月8日(月)着
②筆記試験結果通知書/実技試験受験票に反映させる場合・・・5月12日(水)
③合格通知書/一部科目合格通知書/実技試験結果通知書に反映させる場合・・・7月15日(木)着

ちなみに氏名変更の場合は、旧姓と現姓の両方が記載されている戸籍抄本等の原本が必要なようです。

実技試験は引越し先で受験することは可能か

「令和3年保育士試験 受験申請の手引き(前期用)」の「3.質問する Q&A」にこのような記載がありました。

Q. 受験申請地は、現在住んでいる都道府県でなければならないか

A. どの都道府県でも受験できます。また、前回とは別の都道府県を選ぶことも可能です。

Q. 実技試験は、筆記試験と違う都道府県で受験できるか。

A. できません。筆記試験と同一の都道府県で受験していただきます。

なんと、実技試験で受験地を替えることはできず、再び引越し前の都道府県まで試験を受けに行かなければならなかったのです。

引越し前と引っ越し後の距離はと言うと、飛行機でしか行けないような距離でした。

当然ながら引っ越し後も近くに頼れるような人もおらず、前泊を含めると丸2日間も夫に小さな子供を任せないといけないのです。

私はやはり、引越し先で秋に実技試験を受験すべきかと悩みました。

また、金銭面で考えても、引越し前の受験地までの往復の交通費と宿泊費を考えると、秋に受験料を支払い引越し先で受験した方が、大幅に節約できたのです。

実技試験の受験を迷った結果

実技試験の合格率は70~80%と言われていますが、20~30%の人は落ちるということなので油断はできません。

真面目な性格の私は、時間があれば秋までずっと試験対策をしてしまうだろうなと思い、それも気が重く、さっさと勉強を済ませたかったため、往復の飛行機代+前泊費用を出費し、実技試験を元の居住地の自治体まで受けに行くことにしました。

実技試験は日曜日なので、当然一時保育は開いておらず、子どもは夫にお願いすることにしまし、家族の協力があり、無事に試験を終えることができました。

関連資料

タイトルとURLをコピーしました