【最新】保育士試験で独学にかかる費用は?一発合格するために使用した教材等まで全て公開!

受験申請に必要な費用はいくら?

郵便ポスト

保育士試験の受験料等の最低限必要な費用はいくらになるか計算してみました。

初受験の場合を想定しています。

まず、受験料が12,950円になります。受験料申請時の送料は簡易書留での指定がありましたので460円になりました。

卒業証明書の発行手数料は、私の大学の場合1通300円でした。

郵送で申請する場合、送料が84円ほどになり、返信用封筒に貼り付ける送料が簡易書留の場合、証明書1枚につき、320円でした。

また、卒業証明書の氏名と現在の氏名が異なる場合は戸籍抄本の発行(300円)が必要です。

受験料:12,950円
受験料申請時の送料:460円

卒業証明書発行に伴う費用
送料:404円
証明書発行手数料:300円
戸籍謄本:300円

よって、ここまでで14,414円になります。

テキスト代はいくら?

筆記試験対策のテキスト代

筆記試験対策で使用した教材はこちらです。

❍ テキストと付随する問題集


❍ 過去問題集


❍ 改正児童福祉法・児童虐待防止法のポイント


❍ 幼保連携型認定こども園教育・保育要領解説


❍ 予想模試


以上より、筆記試験に使用したテキスト代は、17,830円になります。

実技試験対策のテキスト代

実技試験で使用した教材はこちらです。

❍ 実技試験の対策本


❍ 造形で参考にしたイラスト集


❍ 造形で参考にした絵本


❍ 言語で使用した絵本

私の場合、「ほいくえんのいちにち」については元々持っていましたが、こちらも金額に含めると、実技試験に使用したテキスト代は、7,542円になります。

文房具代はいくら?

筆記試験に使用した文房具

筆記試験対策に使用した文房具は、こちらになります。

❍ ドキュメントファイル

❍ フリクションボールペン(消せるボールペン)

❍ フリクションボール替え芯

❍ ブックスタンド

よって、筆記試験対策に使用した文房具代は、3,057円です。

実技試験に使用した文房具

実技試験対策に使用した文房具は、こちらになります。

❍ ケント紙(2回購入)

色鉛筆(2回購入)


❍ 色鉛筆(文房具店で単色で数本購入)


❍ 色鉛筆ケース


❍ 鉛筆削り


❍ 色鉛筆キャップ(3つ購入)

ケント紙、トンボ色鉛筆についてはそれぞれ2回購入し、ユニカラー色鉛筆は文房具店で単色で数本購入したため価格は多少前後しますが、実技試験対策に使用した文房具代は、約9,000円です。

印刷代はいくら?

以前のブログで保育士試験では厚生労働省が出すような外部資料からの出題が多数見られるとお伝えしました。

また、様々な法律からの出題も見られます。

法律や調査結果等は全文把握してこそ理解が深まり記憶の定着に繋がるため、通信教育を利用するとしても外部資料の印刷については欠かせないかと思います。

私が筆記試験の勉強で印刷した紙の枚数は両面印刷で約400枚です。

ちなみに私が持っているプリンターは、こちらのエコタンク方式のプリンターです。

カードリッジ方式のプリンターに比べエコタンク方式の場合、本体は高いのですが1枚当たりの印刷代がかなり安いです。

約400枚を両面カラー印刷したので、以下の参考資料に基づきエコタンク方式のプリンターでの印刷代を計算すると、カラー印刷の場合でも片面3円なので、3円×2×400枚になり、合計で2,400円です。

一方、カードリッジの場合は、カラー印刷の場合、片面13.2円なので、13.2円×2×400枚になり、合計で10,560円になります。

参考資料:EPSON公式ホームページ

長く使われるならエコタンク方式のプリンターの方が断然安いことが判ります。

また、ご自宅にプリンターが無い場合、ネットプリントをご利用できますが、セブンイレブンのネットプリントの料金体系に基づき印刷代を算出すると、カラーの場合は片面60円なので、60円×2×400枚で合計で48,000円になります…。

参考資料:セブンイレブン マルチコピー機でできること

恐らくネットプリントは綺麗に印刷できると思いますが、試験勉強に使う際、文字が読めれば問題ないので今後も使用予定がある方はプリンターは購入される方が断然お得です。

纏めますと、次のようになります。

印刷代

エコタンク方式のプリンター:2,400円
カードリッジ方式のプリンター:10,560円
ネットプリントでの印刷代:48,000円

私の場合、エコタンク方式のプリンターなので、コピー用紙代と併せると3,058円です。

一時保育の利用料はいくら?

私が利用したのは午前のみの昼食付きでした。

3月までは0歳児クラスでしたので、1回あたり1,650円でした。

4月以降は1歳児クラスなので、1回あたり1,350円でした。

筆記試験までは試験1ヶ月前より週3回程度利用したので、約22,350円になります。

また、筆記試験から実技試験までは引越しにより別の市町村に預けたので昼食付で1回あたり1,000円でした。

利用した回数は3回なので、3,000円でした。

よって、合計の一時保育の利用料は25,350円でした。

交通費はいくら?

線路

筆記試験の交通費

私の場合の筆記試験の往復の交通費は1,940円でした。

実技試験の交通費

実技試験の交通費は、通常は住んでいる地域と同じ都道府県で受験される方がほとんどだと思うので筆記試験とほぼ同額くらいの交通費がかかりますが、転勤族の方は要注意です。

以前のブログでお伝えしたように筆記試験と実技試験で受験地を変更することができません。

私の場合、実技試験は他府県からの受験になったため、前泊含めると以下の交通費がかかりました。

往復の飛行機代:25,380円
往復の電車代:8,527円
宿泊代:4,430円

勿体ないように感じるかもしれませんが、実技試験まで夫に2~3ヶ月の間だけ先に単身赴任してもらうよりは、家族一緒に引越しし、引っ越し後に受験地まで戻る方が安いです。

また、選択肢としては一発合格を諦め、引越し後に引越し先の受験地で受験するという選択もありましたが、さっさと試験を終わらせる方がモチベーションも維持できるし気持ちが楽だと考え、交通費を出費しました。

よって、私の場合の実技試験の交通費は、合計で38,337円です。

保育士登録に係る費用はいくら?

先ずは手引きの取り寄せをします。

84円切手を貼った封筒に、140円切手を貼った返信用封筒を入れて登録センターに手引きの取り寄せをします。

よって、手引きの取り寄せで224円かかります。

登録手数料は、4,200円になり、簡易書留で発送したため440円の送料がかかりました。

よって、保育士登録に係る費用は合計で4,864円になります。

費用の内訳

豚の貯金箱と小銭と電卓

上記の項目を費用の内訳として纏めました。

受験申請に必要な費用:14,414円
テキスト代(筆記試験):17,830円
テキスト代(実技試験):7,542円
文房具代(筆記試験):3,057円
文房具代(実技試験):9,000円

印刷代(エコタンク方式):3,058円
印刷代(カードリッジ方式):11,218円
印刷代(ネットプリント):48,658円

一時保育の利用料:25,350円

交通費(筆記):1,940円
交通費(実技):38、337円

保育士登録に係る費用:4,864円

個人的に転勤によって、交通費がかかったり一時保育を利用したりしているのですが、最低限必要な費用としては受験申請に必要な費用と保育士登録に係る費用(計19,278円)になるかと思います。

そこに、各自必要な交通費や文房具代を追加します。

印刷代については、過去問題が一番のウエイトを占めるので独学か通信教育かに関わらず必要費として含めることをお勧めします。

また、テキスト代については、改正児童福祉法等の参考文献や、過去問題集の購入についても必要に応じて経費として含めることをお勧めします。

その上で、独学でのテキスト代と通信教育の受講料を比較すれば良いと思います。


ブログ管理人
ponyoponyo21

理系の4年制大学を卒業するもリーマンショック時の就活、育休中の2度の転勤、コロナ禍到来により、今後の働き方を見直すきっかけに。そんな中、令和3年前期に年齢にも経済危機にも負けない資格、保育士国家資格に一発合格。現在は、2児の母として子育てに奮闘しながら一発合格のノウハウ等について公開。

ponyoponyo21をフォローする
筆記試験対策
ponyoponyo21をフォローする
【保育士試験】独学一発合格ママブログ
error: 申し訳ありませんが、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました