私の勉強方法〈子どもの保健〉

これまでに行った勉強内容

❍テキストに2度目を通した後に下記問題集を3回程度ずつ解いた。


❍過去問題集にない2016年(平成28年)までの過去問題は公式ホームページから印刷し、同様に各科目3回程度解き、過去問題集と併せると5年分の過去問題を解いた。

❍過去問題集を解く過程で人物問題についてはPCで箇条書きで纏め印刷し、その後過去問題集に載っていない過去問を解く中で知らない人物に出会った際は印刷済の紙に手書きで追記した。

❍過去問題を解く過程で必要な資料集めを行った。

その上で、私の勉強法3で各科目の難易度を勝手にグループ分けしたと言う内容までお伝えしました。

※星の数が多いほど難

社会福祉 ★★★★★
教育原理・社会的養護 ★★★★
子どもの保健、子どもの食と栄養 ★★★
保育の心理学、子ども家庭福祉 ★★
保育原理、保育実習理論 ★

上記グループ分けを基に、今回は子どもの保健の勉強方法について紹介させていただきます。

星3つの子どもの保健の勉強方法

タオルの上で寝ている赤ちゃん

前回に引き続き、★が3つの子どもの保健の勉強方法についてご紹介します。

まずは以前のブログでご紹介した通り、これまでの過去問で子どもの保健の課目での1回目に解いた際の点数がこちらになります。

● 子どもの保健 ★★★
〈2019年(令和2年)後期〉 60点
→解いた順番5
〈2019年(令和元年)後期〉 60点
→解いた順番1
〈2019年(令和元年)前期〉  45点
→解いた順番2
〈2018年(平成30年)後期〉 80点
→解いた順番3
〈2018年(平成30年)前期〉 75点
→解いた順番4
〈2017年(平成29年)後期〉 80点
→解いた順番9
〈2017年(平成29年)前期〉 55点
→解いた順番8
〈2016年(平成28年)後期〉 75点
→解いた順番7
〈2018年(平成28年)前期〉 85点 
→解いた順番6

子どもの食と栄養と同様に、ギリギリ合格か落としている受験年度もあり侮れない科目と言う印象です。

様々な疾病についてや、ある予防接種がいつ任意接種から定期接種になったか、子どもの発達について等で細かなことが問われる科目です。

また、事例問題も意外と難しいのですが、基本的に過去問題をしっかりと解いておけば合格点には達する印象です。

上記の5年分の過去問題を解いた後で、下記の予想模試を解きました。

合格点に達していましたがそれほど良い点数ではなかったです。

子どもの保健の勉強方法と言うと、あまり外部資料は参考にしていないのでテキストや上記の過去問題、予想模試のみです。

理由は★4つ以上の教科に力を入れたかったからです。

その程度の勉強量で合格できたのですが、テキストと付随する問題集のみで合格できたかと言うと過去問題を解いた結果を見ていただいて分かるように合格する受験年度もあれば不合格になる受験年度もありました。

繰り返しお伝えするように、過去問題を解いていると少なからず何度か繰り返し出題される問題があるので知識の定着に役立ちます。

よって、なるべく沢山の過去問題を解き、余裕があれば予想模試まで解くことをお勧めします。

私が集めた外部資料

子どもの保健についての外部資料の印刷は以下の一つのみです。

青字の表題をクリックしていただければ該当ページにリンクします。

※下記資料、参考にされる際には、必ず試験の出題範囲をご確認の上、該当年度の資料をお探しください。

姿勢反射の一覧
→出現と消失時期ですが、微妙に過去問の解答と違っていたりするのですが、原子反射等が一覧になっていて分かり易いです。

時々難しい問題・選択肢もあるのですが、基本的にはテキストや過去問題をしっかりと学習していれば合格点には達する印象です。

短いですがこの科目については以上になります。

まとめ

❍子どもの保健も受験年度によって落とすことがあり、侮れない教科という印象。

❍なるべく多くの過去問題をしっかりと解いておけば合格点には達する印象。

ブログ管理人
ponyoponyo21

理系の4年制大学を卒業するもリーマンショック時の就活、育休中の2度の転勤、コロナ禍到来により、今後の働き方を見直すきっかけに。そんな中、令和3年前期に年齢にも経済危機にも負けない資格、保育士国家資格に一発合格。現在は、2児の母として子育てに奮闘しながら一発合格のノウハウ等について公開。

ponyoponyo21をフォローする
子どもの保健筆記試験対策
ponyoponyo21をフォローする
【保育士試験】独学一発合格ママブログ
error: 申し訳ありませんが、右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました