【実技試験対策 造形】着替えの練習 ~ 保育士試験 独学一発合格者が描く作品掲載 ~

準備する物

絵を描く前に準備する物について、こちらのリンクをご参照下さい。

画用紙についてや色鉛筆の選び方について記載しています。

参考資料:【知って得する】実技試験で準備する物 ~ 造形編 ~ 色鉛筆の選び方や本番で使える裏技も掲載!


お題

着替えの練習をする幼児の姿。

今回は着替えの練習です。

こちらも過去問での出題がありません。

以前のブログでお伝えした通り2歳児クラスの場合、2~4歳手前までの園児がいるため、「着替えの練習」と言うお題では、2歳児クラスでの出題があってもおかしくありません。

3歳頃になると一通り身の回りのことができるようになる年齢なので、「練習」と入る時点で2歳児クラスか3歳児クラスで出題される可能性が高いです。

今回私は、2歳児クラスを想定しました。

年齢に応じた園児の身長については、こちらのリンクを参考にしていただくことをお勧めします。

参考資料:【実技試験 造形】 園児の身長は3歳未満児と3歳以上児の2区分で良いか?

参考資料

こちらの対策本やイラスト集を参考に絵を描きました。

様々な身体の動きについてはこちらの対策本がとても参考になります。



アイテムの練習についてはこちらのイラスト集が参考になります。


こちらの絵本も同年代の園児の絵を描くのに参考になります。


所要時間

以前のブログで大まかな時間配分についてご紹介しました。

関連資料:【独学合格】実技試験対策 ~ 造形 ~ 保育士試験 独学一発合格者が描く作品掲載!

今回、この絵を描くのにかかった時間をご紹介します。

下描き:11分07秒
縁取り:7分41秒
色塗り:14分08秒
背景:12分04秒

ちなみに時間については、時計アプリのストップウォッチでラップタイムを計りました。

色んな着替えの場面を描くために一人一人の園児にどのような動作を取り入れようかと迷う時間があったため、下描きには時間がかかりました。

その分、縁取りや色塗りについては急ぎ目で仕上げ、背景に時間を残せたため、棚でも描いてハンガーやカバンを収納しようと思ったのですが、時間が足りず、カバンは一つになり、空っぽの棚ができてしまったり、不自然に左側の壁を余らせてしまいました。

作品

今回「着替えの練習」と言うお題で、私が描いた作品をご紹介します。

着替えの練習をする保育園児の様子を描いた絵。

着替えの練習をする園児が3人おり、保育士は園児達の頑張る姿を見守り、拍手をしています。

左の男の子の園児は靴下を履く練習をし、真ん中の女の子の園児はパジャマのボタンを掛ける練習をしていますが掛け違えています。

右の男の子の園児はシャツを着ようとしていますが、間違えて足にシャツを通しています。


自己評価

以前のブログで何に気を付けて描けば良いかをご紹介しました。

関連資料:【独学合格】実技試験対策 ~ 造形 ~ 保育士試験 独学一発合格者が描く作品掲載!

絵を描く際に気を付けること10ヶ条
年齢に応じた身体の大きさを描く
様々な身体の動きを描く
保育士の目線は園児の方へ
様々なアイテムを描けるようにする
構図は人物の重なりを少なく
年齢に応じた動作を取り入れる
表情は生き生きと
遠近法に気を付ける
色塗りにバリエーションがあるか
塗り残しが無いか

上記の10ヶ条を元に一つ一つ確認します。

年齢に応じた身体の大きさを描く

今回、私は対策本に則り2歳児クラスの縮尺で表現しようとしましたが、頭に対して体の大きさが少し小さいです。

年齢に応じた身体の大きさについては上記の「お題」で示した通り、参考資料をご確認いただくことをお勧めします。

参考資料: 【実技試験 造形】 園児の身長は3歳未満児と3歳以上児の2区分で良いか?

様々な身体の動きを描く

様々な身体の動きを意識し過ぎて、間違った服の着方をしている園児が2人もいます。

本来の意図としては、一生懸命に個々の園児が自分なりに服を着たり、靴下を履こうとしていることに対して保育士が拍手をしている場面を描いたつもりでした。

「練習」なので、間違った着方をする園児が居たとしても問題ないのですが、それを見ている保育士が拍手をしている姿が意図と違ってマイナスに評価されてしまい兼ねないです。

これでは間違った着方に対して拍手しているようにも見えてしまうからです。

間違った着方をしている園児を描こうと思うと、保育士が正しい着方になるように補助している姿を描く必要があります。

上記の絵本に着替えをしている園児の絵があるので参考にされることをお勧めします。

保育士の目線は園児の方へ

保育士は間違った着方をしている園児の方に視線が向き、拍手をしています。

上記で示したように間違った着方をしている園児を描くとすれば、それを補助している姿を描く必要があります。

一人を補助しながら他の園児に目線を合わすと、全員の園児との関わりも生まれるので良いでしょう。

様々なアイテムを描けるようにする

背景の棚が上手く描けませんでした。

上記絵本やイラスト集を参考にし練習されることをお勧めします。

構図は人物の重なりを少なく

人物の重なりは無いです。

年齢に応じた動作を取り入れる

これについてはお題に示された通り、着替えの練習ができる年齢になるので問題ないでしょう。

表情は生き生きと

表情にバリエーションはあるのですが、生き生きからは少し遠いかもしれません。

表情については、対策本を参考にされることをお勧めします。

遠近法に気を付ける

遠近法を付ける余裕のある方は後ろの園児を少し小さめに描ければベストです。

色塗りにバリエーションがあるか

色塗りのバリエーションは特に問題ないかと思います。

塗り残しが無いか

塗り残しは無いですが、もう少し丁寧に塗ることができればベストです。


まとめ

❍様々な園児の着替えの場面を描こうと思うと、どうしても間違った着方をしている園児の姿も描きたくなってしまいますが、そう言った場合は保育士は正しい着方になるように補助する姿を描く必要があります。

❍また、背景にかける時間を十分に取れた場合、描き慣れていないアイテムを描こうと思うと逆に時間が足りなくなってしまう可能性があることには注意が必要です。

❍上記イラスト集で屋内外の様々なアイテムを描けるように練習することをお勧めします。


他の作品もアップロードしていますので下記関連資料をご確認下さい。

関連資料:【独学合格】実技試験対策 ~ 造形 ~ 保育士試験 独学一発合格者が描く作品掲載!

関連資料:【合格作品掲載】2021(令和3)年 保育士試験前期 実技試験 造形の合格作品と採点基準について

関連資料:【前期試験一発合格者が描く】2021(令和3)年 保育士試験後期 実技試験 造形作品 ~色水遊び~


※言語対策についても掲載中です。

関連資料:【知って得する】実技試験対策 ~ 言語 ~ 気になる試験当日の流れについても掲載!


タイトルとURLをコピーしました