【独学合格】実技試験対策 ~ 造形 ~ 保育士試験 独学一発合格者が描く作品掲載!

まずは、過去問題と分析

令和2年後期以降の過去問題については、こちらになります。

試験年課題内容背景人物
令和3年 後期色水遊び遊んでいる
園庭
4歳児3名以上
保育士1名以上
令和3年 前期砂遊び遊んでいる
園庭
4歳児3名以上
保育士1名以上
令和2年 後期 紙芝居集まっている
保育室内
5歳児3名以上
保育士1名以上

ちなみに、令和2年前期以前の過去問題については、こちらを参考にしました。

参考資料:保育士試験(実技造形)過去課題一覧(エンゼルカレッジ/保育士試験対策講座)

これらの過去問題を一覧で見ると、あることに気が付きます。

季節を取り入れたお題については、お題が受験の時期と大体同じになっていることです。

前期の実技試験日は7月上旬頃、後期の実技試験は12月上旬ですので、前期の実技試験では夏を取り入れたお題、後期の実技試験で冬を取り入れたお題が出題される傾向にあります。

例えば、令和元年前期のお題を見ると、花や野菜の季節は「夏」となっています。

また、平成29年後期のお題を見ると、「落ち葉」となっており、紅葉の季節が11月下旬から12月上旬なことからも季節が試験時期と合っていることが分かります。

更に、平成28年前期については、「水たまり」とあり、7月の梅雨の時期と季節が合っていることが分かります。

しかし、これはあくまでこれまでの過去問での傾向に過ぎません。

令和3年後期については、受験時期は冬ですが「色水遊び」についてのお題が出題されています。

冬に「色水遊び」をすることも可能ですが、事例に「水の感触を楽しみながら」という文言があるように暖かい季節である可能性は高いです。

よって、受験の季節とお題の季節は必ずしも一致しないことが言えるかと思います。

ところで、前期試験の場合、筆記試験終了後から実技試験まで約11週あるのに対し、後期試験の場合は7週しかありません。

私の場合、前期試験を受験しましたが、引越しにより勉強時間があまり確保できなかったため重点的に学習するお題を絞ったのですが、令和3年後期の試験の傾向で分かったように、お題の季節は絞らずに春から冬まで満遍なく学習することをお勧めします。

実技試験対策に必要な物

以前のブログでご紹介しました。こちらをご覧ください。

対策に必要な物の準備ができたら、解答用紙のケント紙については、予め19×19センチの四角の枠を書き、それをカッターでくり抜き、練習予定の新しいケント紙の上に乗せ、枠に沿って線を引きます。

すると、毎回長さを測らずとも枠の線を引くのみで19×19センチの解答用紙が出来上がります。

解答用紙についても19×19センチの枠が描かれているのですが、枠外に何も書き込みしないように最初に注意があるので当然枠外への下描きもできないので気を付けましょう。

お題予想

ペンを持ち、スケッチブックを見ながら考える女性

私の場合、引越しに伴い保育園見学を3つの市町村でそれぞれ行ったため、見学した園の数は30園を超えました。

見学の際に保育園の1日の流れや1年の流れを先生方が説明して下さるのでそれに沿ってお題予想を作成しました。

また、今後私の描いた作品を順次アップしますのでご覧ください。

青字をクリックしていただくと、該当ページにリンクします。

・お花見

父の日製作

・母の日製作

・子どもの日の製作

虫捕り

・花や野菜の世話(春夏秋冬)

プール遊び

水遊び

七夕製作

そうめん流し

夏祭り

じゃが芋の収穫

ボディペインティング

虫捕り

・花や野菜の世話(春夏秋冬)

運動会

じゃが芋の収穫

・紅葉狩り

虫捕り

・花や野菜の世話(春夏秋冬)

おしくらまんじゅう

じゃが芋の収穫

・大根掘り

・クリスマス会

正月遊び

・花や野菜の世話(春夏秋冬)

生活習慣

うがい・手洗

トイレトレーニング

歯磨き

着替えの練習

・お昼寝

・掃除・片付け

・おやつ

園内遊び

ままごと遊び

・段ボール遊び

・ボール遊び

・ホール遊び

サーキット遊び

新聞紙遊び

・園庭遊び

砂場遊び・泥遊び

鉄棒遊び

パネルシアター

大縄跳び

・かくれんぼ

・エプロンシアター

ブロック遊び

折り紙遊び

園外活動

・お散歩

水族館見学

・ふれあい動物園

・山遊び

シャボン玉遊び

それ以外

登園・降園

音楽会

学習発表会

・歯科検診

内科検診

避難訓練

消防署見学

・餅つき大会

・節分

調理実習

交通安全教室

動物の世話

0歳児クラスの様子

下描きは何でするべきか?

ペンを持っている手

下描きについてです。

最初はシャーペンや鉛筆での下描きを検討する方も多いかもしれないですが、それらで下描きを行うと消しゴムで消さなければなりません。

1度、45分と言う時間を測って描いてみて下さい。

消しゴムで消している暇などありません。

では、何で下描きするかと言うと色鉛筆しかありません。

色については明るめの黄色をお勧めします。

なぜなら明るめの黄色は、他の色で塗ってしまうとほとんど見えなくなるからです。

また、万が一訂正したい場合も黄色は消しゴムを使うと多少は消えます。

基本的に黄色は他の色で見えなくなるので間違えても消す必要はないのですが、自分が見え辛くなってしまう場合は消すことも可能です。

私の場合、まずは大まかな人物や物の配置決めを行いました。

次に、黄色で頭の大きさや全体像をざっくりと描き、道具やアイテムを書き込みました。

縁取りは何色?

多数の色鉛筆

次に縁取りです。

黄色でざっくりと全体像を描き終えた後、焦げ茶色で人や物の輪郭をしっかりと描きました。

縁取り(輪郭)についても色んな色で試しました。

ある色で統一したり、それぞれの範囲の色で例えばピンク色の服はピンク色の縁取りにする等、色を使い分けたりもしました。

しかし、それぞれの範囲で縁取りの色分けを行うことは結構時間を消費します。

よって、縁取りについては、単色で統一することが望ましいと考えました。

縁取りの色については、一番はっきりときれいに見えたのは焦げ茶色でした。

時間配分について

時計

対策本にも大まかな時間配分は記載されていますが、お題によっては人以外に描かなければならないアイテムが沢山ある場合もあるので、私はざっくり次のような時間配分で描きました。

下描き(黄色) 7~11分

縁取り(焦げ茶色) 7~11分 

色塗り 15~20分

背景 5~10分

まず下描きについてですが、構図を考え、年齢に応じた全員の全体像や体の動きを決める作業もあるため、10分前後の時間を掛けました。

次に縁取りですが、慣れてくると下書きの全体像からフリーハンドで縁取りを行えるのですが、丁寧に行おうと思うとやはり10分前後の時間は掛かってしまいます。

下描きと縁取りですが、併せて20分を超えないようにしました。

色塗りについては、描かなければならない人やアイテムの多さでも変わってきますが、15~18分程は欲しいところです。

ただしエリアが広範囲なだけに、ある程度ささっと塗って時間を短縮することが可能なエリアでもあります。

他との時間の兼ね合いで、時間が足りなければ色塗りを仕上げることを第一に考え、ささっと塗り上げてしまい、時間が余れば後で2度塗りする等で調整することも可能です。

背景は最低でも5分は確保しないとそもそも塗り終えるのも難しくなってくるので、色塗りは逆算し、背景時間が残り時間5分以下にはならにように仕上げました。

背景は可能であれば、7分以上は残しておきたいところです。

ちなみに時間については、スマホの時計アプリのストップウォッチでラップタイムを計りました(本番は使用できません)。

何に気を付けて描けば良いか?

考える女の子

基本的にお題予想に沿って、時間を測り、どんどんと練習を重ねれば良いと思います。

練習を重ねる中で、以下の点に気を付けて描かれることをお勧めします。

絵を描く際に気を付けること10ヶ条
年齢に応じた身体の大きさを描く
様々な身体の動きを描く
保育士の目線は園児の方へ
様々なアイテムを描けるようにする
構図は人物の重なりを少なく
年齢に応じた動作を取り入れる
表情は生き生きと
遠近法に気を付ける
色塗りにバリエーションがあるか
塗り残しが無いか

年齢に応じた体の大きさを描く

条件に園児の年齢が与えられるため、これは絶対に必須です。

こちらの参考資料をご確認ください。

様々な体の動きを描く

過去問にこのような出題がありました。

「3人の子どもが手を繋いで輪になっている」、「手を繋いでお散歩に行く」

走っている姿、ジャンプしている姿、座っている姿、横向き加減な姿、後ろ向き加減な姿…、様々な体の動きを練習しておくと何が出題されても柔軟に対応することができます。

園児や先生の体の動きを練習するにはこちらの実技試験の対策本が役立ちました。

また、こちらの絵本も参考になりました。

保育士の目線は園児の方へ

当然ですが、保育士の目線は園児の方へ向いている必要があります。

園児を見守り、園児の行動を支えている様子が伝わればベストです。

この辺りについては、保育所保育指針をしっかりと読みこんでいただくと、どんなお題が出題されても自ずと保育士が執るべき行動も見えてくると思います。

様々なアイテムを描けるようにする

実際の過去問で楽器や砂場道具等の小道具を描かせるお題があったり、動物等の生き物、また、季節に応じた植物や旬の野菜等を描かせるお題がありました。

したがって、様々なアイテムを描けるように練習することをお勧めします。

私が参考にしたイラスト集はこちらです。

こちらは、イラストが多くカラーであり、絵が苦手な人でも描きやすい素材が沢山あります。

季節の植物、野菜、虫について代表的な物を参考資料と共に挙げますので描けるようになることをお勧めします。

季節の植物

季節の植物
春:菜の花、桜、タンポポ、チューリップ、ラベンダー、ツツジ
夏:紫陽花、向日葵、朝顔、ユリ、
秋:イチョウ、コスモス、キンモクセイ
冬:パンジー、スイセン、梅

参考資料:みんなの趣味の園芸 NHK出版

植物については季節を跨ぎ、開花時期が長いものが多いことに注意が必要です。

旬の野菜

旬の野菜
春:キャベツ、そら豆、たけのこ
夏:トマト、きゅうり、とうもろこし
秋:じゃが芋、さつま芋、玉ねぎ
冬:大根、カブ、長ネギ

参考資料:野菜の旬 Kewpie

上記は一般的な収穫時期であり、じゃがいもの収穫に「春作」や「秋作」、「冬作」があるように種類や地域によって収穫時期が異なる場合があります。

参考資料については、食品会社が提供するものになります。

季節の虫

季節の虫
春:テントウムシ、ミツバチ、アゲハ蝶
夏:蝉、トンボ、カブトムシ、カマキリ
秋:バッタ、コオロギ
冬:昆虫(ミノムシ等)

参考資料:いきもの図鑑

冬に活動する虫は少なく、冬に描くとしたら木の枝にぶら下がるミノムシでしょうか。

参考資料については出典元の分からないものを掲載しました。

間違ってはいないと思いますが、気になる方は他サイトで調べて下さい。

構図は人物の重なりを少なく

枠内に人物がバランスよく描かれていると、絵が下手でも仕上がりが綺麗に見えます。

人物はなるべく重なる箇所が少なくなるように描き、上手く全体に散りばめることをお勧めします。

年齢に応じた動作を取り入れる

保育の心理学で出題された「パーテンの年齢に応じた遊びの発達」について覚えているでしょうか?

ここで筆記試験の出題範囲?と思われるかもしれませんが年齢と課題が与えられている以上、年齢に相応しい遊びや行動を取り入れる必要があります。

一人遊び(2~3歳)
傍観(2~3歳)
並行遊び(2~3歳)
連合遊び(4~5歳)
協同遊び(4~5歳)

3歳未満児を描く場合、個々に別々の遊びをさせたりそれぞれ横並びで同じことをさせたりすれば良いですが、3歳以上児を描く場合、一緒に協力しながら遊んでいる姿を描く方が良いでしょう。

また、年齢に応じた安全対策も考慮した動作を考える必要があります。

1番解り易い例で言うと、3歳未満児はまだ小さなものを口に入れる可能性のある年齢です。

口に入ってしまいそうな物は近くに描かないようにしましょう。

表情は生き生きと

園児の表情も先生の表情も生き生きさせることをお勧めします。

表情については、私もあまり得意ではないので対策本を参考にされることをお勧めします。

遠近法に気を付ける

ここまで気を付けて描くことは少し難易度が高いですが、あからさまに手前の人が小さく後ろの人が大きかったりすることは減点になるかもしれません。

色塗りにバリエーションがあるか

同じ色ばかりや暗い色で着色されていると、全体が暗い印象になります。

明るく楽しい雰囲気を作るのも保育士の仕事なのでそれを絵に表現し様々な色を使いましょう。

また、背景と人物や物などが重なっている部分は、色被りしないよう注意しましょう。

塗り残しが無いか

ここは絶対条件です。

塗り直しがあった場合、減点どころか不合格になる可能性があります。

「条件」だけでなく、「事例」を意識した絵を

これは自身の経験によるものですが、試験問題の「条件」だけでなく「事例」を意識した絵を描くことを強くお勧めします。

条件さえ満たしていれば合格は合格のようです。

絵が下手でも合格はできます。

しかし、逆を言うと、絵が上手くても描き方によっては高得点を狙えません。

少なくとも練習の時点では安全圏を狙った絵を描くべきなので、高得点を狙える絵を知っておくべきです。

したがって、いくら絵の完成度が高く見えても、事例に書かれている内容を抑えていない絵は単なる自分の描きたい絵を描いているだけに過ぎません。

採点基準を抑えていない絵は高得点は狙えず、不合格になる可能性すらあります。

まとめ

❍実技試験の造形と言う科目ですが、絵が下手でも条件さえ満たせば合格はできるようです。

❍逆を言うと、絵が上手でも採点基準を抑えていない絵は高得点は狙えません。

❍高得点を狙うためには少なくとも練習の時点においては、問題文の「条件」だけでなく、「事例」を抑えた絵を描くことを強くお勧めします。

❍最低限の条件を満たすためにもなるべく沢山の絵を描き、記事を参考にされた上で対策をされることをお勧めします。


※言語対策についても掲載中です。

タイトルとURLをコピーしました